よくあるご質問

FAQ

よくあるご質問

その他サービス

電気設備の安全点検

  • Q. どうして定期調査を行うのですか?

    A. 定期調査は、電気事業法(第五十七条・調査の義務)に基づき、低圧で電気を受ける一般電気工作物(ご家庭や商店、小規模の工場など)で使用している電気設備が、経済産業省令で定める技術基準(2003年12月19日 原院第12号)に適合しているかどうかを調査する義務があるため、実施をしております。

  • Q. 以前は別の会社が調査をしていたのですが?

    A. 電気供給者は調査を委託することができることとなっており、これにより当社(テプコカスタマーサービス)は競争入札を経て、電気供給者より「委託」を受け、調査業務を行っております。

  • Q. 4年に一度の調査ということですが、4年間の安全は保障されるのでしょうか?

    A. 点検結果は、「点検当時に限っての判定結果」であり、その後の電気設備の自然経年劣化や使用頻度、その他原因による不適合発生が無いことを保証するものではございません。

  • Q. 調査員は資格があるのですか?

    A. 当社は、電気事業法第九十条の二(登録の基準)に基づき、有資格者を選任しております。
    また、品質向上を目的とした研修を定期的に取り入れ、調査員の指導・教育を行っております。

  • Q. 漏電とは何でしょうか?

    A. 屋内配線や電気器具は、電気が漏れないよう「絶縁」されています。しかし、絶縁物が古くなったり、傷ついたり、水をかぶったりすると、電気が漏れます。これが「漏電」です。また、漏電でとくに気をつけたいのが水を使う電気器具です。
    漏電は、感電や火災の原因にもなるので十分注意して下さい。

  • Q. 感電とは何でしょうか?

    A. 漏電している電気器具に触れてしまうと、電気はその人の体を通り大地に流れていきます。これが「感電」です。
    その程度が弱いときはショックだけですみますが、強い電流が流れた場合は人命にかかわることもあります。

  • Q. 漏電遮断器とは?

    A. 漏電遮断器は、屋内配線や電気器具などに漏電が発生したときに、自動的に電気を切って漏電による火災や感電事故を未然に防ぐ安全装置です。当社は電気事故未然防止のため、漏電遮断器の取付を推奨しております。

  • Q. 漏電遮断器の取付、交換費用は?

    A. 登録調査機関である当社では取付、交換は行っておりません。
    誠に申し訳ございませんが、お知り合いの電気工事店または住宅電気工事センター等へお問い合わせください。

ページトップへ戻る